人材開発支援助成金を利用、優秀な人材を確保


人材開発支援助成金とは?
~従業員のキャリア形成に役立つ制度です~

 

人材開発支援助成金とは、労働者の職業訓練開発を実施した際の、訓練の経費や訓練中の賃金を一部助成する制度です。

労働者が専門的な知識や技能を習得するために、企業が人材育成をし労働者のキャリア形成に役立つようにするための制度でもあります。

 

人材開発支援助成金には4つのコースがあります。
  1. 特定訓練コース
  2. 一般訓練コース
  3. キャリア形成支援制度導入コース
  4. 職業能力検定制度導入コース


これらのコースを企業が導入することによって、
人材開発支援助成金を受け取れることができます。
さらに企業の生産性向上に繋がれば助成金の増額をすることが可能になるのです。

このような生産性向上の条件を「生産性要件」と言います。

 

こういった支援金をうまく活用することで
積極的な人材育成に力を入れるようにする国の思惑があります。

 

<対象条件>
支給対象になる事業所は、雇用保険適用事業所であることが必要条件です。

 

▶詳しくはお問い合わせください。

関連記事

  1. マーレの社員研修一覧

  2. 芦屋でCafé活

  3. 企業様が活用いただけるキャリアアップ助成金